パーティション

工場や外回りの研修が終わり、事務所での本格的な研修が始まりました。

専用ソフトを使って受注の処理をしたり、電話応対したり、お茶だしをしたり。

これまでは「単純作業をすればいい」「同行して学ぶ」というように、1つのことに集中していればよかったのです。

それが今日からは、特に「受注」などの作業と「電話」を同時進行的に進めなければならないのです。

普通の人からすればなんてことないようなことだと思いますが、私はかなり苦戦してしまいました。

 

例えば、受注の作業をしているときは、脳内が

「受注!」

の一つで一杯になってしまうのです。

で、電話が来ると、会社名を聞き逃すまいとするあまり、脳内が

「電話!」

の一つで一杯になってしまうのです。

問題は電話が終わった後です。

「電話!」だった脳内から「電話!」がなくなるので、今度は脳内が

「     」

というふうに真っ白になってしまうのです。

受話器を取る前に自分が何をしていたのかを完全に忘れているのです。

「ああ、『頭が真っ白になる』ってこういうことなんだな……」と思えるくらい、頭が空っぽになりました。

 

たぶん、受注:電話=7:3くらいの比率で脳みそを使うことができればいいのでしょうね。

慣れる日は来るのでしょうか……。