Minori Chihara Live Tour 2017 "Take the Offensive" 5月5日 Zepp DiverCity

初めてライブ参戦してきました!

とにかく最高でした!

 

f:id:RokutanMe:20170505214951j:image

 

 

前日に発車した仙台発の深夜バスが、早朝5時前にバスタ新宿に着きました。

腹ごしらえをしようと思って行ったサイゼリアは朝10時開店だったので、代わりにまねきねこに行ってきました。

 

f:id:RokutanMe:20170505215257j:image

 

せっかくだったので、JOYSOUNDにログインして、足跡を残してきました。

 

 

そのあとブラブラ歩いて、8時半頃にいざZepp DiverCityに行ってみると、もうすでにたくさんの人が並んでいました。

やはり男性の比率が高いですね。

 

f:id:RokutanMe:20170505220155j:image

 

ほんの少し男性恐怖気味な私は、ほとんど動かずに笑点罵倒集を聴いたり本を読んだりしていました。

腹ごしらえはこの間にしました。

 

 

13時、物販が始まりましたが、なかなか列が進みませんでした。

自分が買う番になってようやく納得しました。

購入者が欲しいものを1つ言う → スタッフさんがそれを持ってくる

購入者が他に欲しいものを1つ言う → スタッフさんがそれを持ってくる

……という繰り返しだったのです。

ライブ常連のファンの方なら当たり前の光景なのかもしれませんが、初めてだった私は驚きました。

なにか防犯上の理由でもあるのでしょうか。

 

それはともかく、なかば諦めてきた会場限定チャームを買うことができました。

2回だけ回そうと思っていたガチャポンも、お目当てのアクリルキーホルダーが出てくれました。

お金に余裕がなくてTシャツやマフラータオルは買いませんでしたが、それでも満足です。 

M-Smile第5期にも無事新規入会できました。

 

 

入場までにペンライトの電池を換えておきたいと思いましたが、単4であることを忘れて単3の電池を用意してしまっていました。

ので、あわててコンビニに買いに行きました。

その前にも、もともとアパートから電池を持ってくるのを忘れていて、早朝にコンビニで(単3の)電池を買っていました。

合わせて1,000円くらい損しています。

 

物販開始から電池を調達しにいくあたりまで、日差しが本当に強かったです。

 

f:id:RokutanMe:20170505221952j:image

 

ミスサンシャイン、仕事しすぎですw

日焼け止めまで考えていなかったせいで、腕がヒリヒリしました。

 

 

入場まで中途半端に時間が余ってしまいました。

なにやら楽しそうな歌声が聞こえたので、その近くへ行ってみました。

Zepp DiverCityの隣のスペースでオクトーバーフェストが開かれていて、そこで陽気な外国人のグループがライブをしていたのです。

ビールで酔っている大人たちの盛り上がりもあいまって、とても楽しいライブでした。

みのりんのライブ後、深夜に車を運転しなければならないので、お酒を飲めないのが残念でした。

あとは、アイドルグループのライブも少しだけ見にいきました。

 

 

 いざ入場。

整理番号が1900番台の後半だったのにもかかわらず、通された女性専用エリアはステージのすぐそば、上手側にありました。

女に生まれてよかったと思いました。

 

 

いよいよ開演。

初めてづくしで何から書けばいいのか迷いますが、とにかく、みのりんは画面越しで見るより美しかったです。

TVを観ていて「TVで見るよりかわいい」とかいうことを聞くたび「嘘コケー」と思っていましたが、これは本当にありえるんですね。

みのりんがときどき上手側に来てくれたので、近くで見ることができました。

 

以下、Twitterに上げられたセトリを見ながら、何曲か挙げます。

私には、曲と順序を覚えるほどの頭はありません。

 

まず、1〜3曲目の「君がくれたあの日」「詩人の詩」「too late? not late...」の『contact』のコンボ。

みのりんを知る最初のきっかけである「雪、無音、窓辺にて」の次に聴いたアルバムなので、『contact』には思い入れがあります。

今日歌われた3曲も他の曲たちも大好きです。

 

7曲目、「HYPER NEW WORLD」。

コールがたくさんあって難しいですが、たくさんある分盛り上がれる曲です。

最後のCMBとの掛け合いも楽しかったです。

あまり関係ありませんが、私はこの曲を毎朝のアラームに設定しています。

やる気の出る曲でもあります。

 

14曲目、「暁月夜」。

イントロと大先生のソロで微動だにしないみのりんが印象的でした。

大先生のソロ、かっこよかったです……。

 

「暁月夜」と合わせて15〜18曲目の「Dream Wonder Formation」「TERMINATED」「ZONE//ALONE」「Paradise Lost」は、気持ちが落ち着く暇もないコンボでした。

Paradise Lost」の大サビ(?)を皆で歌うことを知らなくて、出だしを歌えませんでした。

心残りな感じもしますが、途中からちゃんと大声を出せたのでよしとします。

 

アンコールの「sing for you」「純白サンクチュアリィ」。

ネタバレ歓迎な私は、かねてからみのりんが「sing for you」の弾き語りに挑戦するということを知っていました。

北海道公演では途中で止まってしまった場面もあると小耳に挟んでいたので、とにかく最後まで聴いて見守るしかないと思っていました。

し、みのりん自身もアンコール前のMCで「ミスすると思う」というようなことを言っていました。

フルコーラスが終わったとき、静かな会場の中で私は思わず「え?」と声を出してしまいました。

曲が途中で止まらなかったどころか、ミスしたと思われる箇所もなかったのです。

「いい意味で話が違うではないか」と驚きました。

初めてノーミスでまるまる1曲歌えたらしく、みのりんは感極まって涙が。

去年から根気よく頑張って練習してきたのだろうなということが伝わってきました。

先月社会人になった私に力を与えてくれるような弾き語りで、拍手を送る手が止まりませんでした。

アルバム版とは違った歌い方もよかったです。

みのりんが高まった気持ちを落ち着けたあと、CMBの1人1人とハイタッチをしました。

その流れからの「純白サンクチュアリィ」は最高です。

会場全体が「思い残すことは何もない」という晴れ晴れとした雰囲気をまとっているように感じられました。

この曲の大サビはちゃんと最初から歌えましたよ。

 

 

全20曲のライブ。

初めて生でみのりんを見ることができて、また、みのりんやファンの方々と一緒に楽しむことができて本当によかったです。

明日はお仕事ですが、なんとか頑張ってみせます。

次にみのりんに会えるのはいつになるか分かりませんが、これからもみのりんの曲を聴いたり歌ったりして元気を出していきたいです。

本当にありがとうございました!

 

f:id:RokutanMe:20170505232910j:image